「資産運用はやめたほうがいい」という意見は正しい?その理由は?

投資

皆さんは資産運用についてどうお考えでしょうか?

日本は儒教の教えが文化として根付いているので、
お金の話をすると敬遠されがちです。

そのため投資の話をしても、

「働いて貯金をした方がいい」
「投資は怪しい」
「投資で稼げるわけがない」

こんな風に思ってる方は少なくありません。
そもそも知識がないしめんどくさいから興味がないという方も多いでしょう。

本記事では、そんな方に少しでも投資に対して
良いイメージを持ってもらうために記事をライティングしました。

資産運用に対して反対派の意見をもとに
正しいところと間違っているところを解説していきます!

ぜひ最後まで熟読していただけると幸いです。

「資産運用はやめとけ」と主張する人の理由

最も多い主張として、

  • 損をするから
  • 騙されるかもしれないから

この2つを理由に資産運用について反対している方は多いですね。
まずは、資産運用に対して反対派の方の主な主張を1つずつ見ていきましょう。

損をするから

損をするからという意見も一理あります。

そもそも投資商品には元本保障がされている商品はかなり少ないです。

それに近いものだと、定期預金や積立保険(元本保障されているものをあります)
だと利回りは低くても数字上は損をする可能性は限りなく低いです。

しかし、市場で売買が発生するような

  • 不動産
  • FX
  • 仮想通貨

これらについては、当然元本保障もなく損をする可能性があることは事実ですね。
投資をしている人の9割は負けると言われるほどですからね。

そのため、投資の知識を身につける気がない方
一円の損をしたく無いという方には資産運用は向いていないでしょう。

騙される可能性が高い

騙される可能性が高いというのも一理あります。

詐欺商品や実際には全く儲けられないような商品を
絶対に儲かると言って販売しているような業者
がいます。

こういった詐欺商品は一見すごく儲かりそうで、
営業トークもそれなりにうまいので興味を引きつけやすいです。
そのため、投資について疎い高齢者や、初心者が犠牲になっていることが非常に多いです。

なぜ初心者が犠牲になりやすいのかを調べてみると
警戒心が薄いというところが1つの原因だと筆者は考えております。

株式会社キュービックと一般社団法人「金融リテラシー協会」が
共同で行ったアンケート調査によると、

初心者は基本的に投資詐欺に遭わない自信を持っている
と回答した割合が約7割という調査結果が出ています。

詐欺に遭う方の典型ですが、自分は騙されないと思っていても、
投資に対するリテラシーがない初心者は判断材料がないので、
美味しい話があるとどうしても引っかかってしまいます。

そのため資産運用はやめておいた方がいいという方が一定数います。

「資産運用はやめとけ」の主張の間違い

ここまで、資産運用をやめといた方がいいと主張する理由について触れてきました。
ここからはその主張の間違っている部分を事実に正していきたいと思います。

9割が勝てないのは目的が投機になっているから

多くの方は投資を始める際にやってしまいがちなことですが、
投資ではなく投機になってしまっている方が多いです。

投機というのは、チャンスに投じることを指します。
これに対して投資は再現性の高い資産に投資することを指します。

大多数の方はこの再現性を意識せず、
増えそうだからお金を投じるという方が9割です。

そのため9割は勝てないと言われていますが、
実際は、投資をそもそもしておらず、投機をしていたということです

投資にうまい話はない

世の中うまい話はほぼないと考えた方が安全です。
100個の1個が本当だとしても確率は1%ですのでそれこそ投機ですね。

堅実な資産形成を目指して行うことが、一番の近道です。

資産形成を続けていれば知識もつき、優良な投資商品とそうではない商品も
自然と見分けることができます。

現金で持っていても価値は目減りする

投資反対派は当然ですが、貯蓄しかしません。
一見安全そうな貯蓄ですが、老後資金を目的として
貯蓄している場合は話が違います。

長期的にみると、現金の価値は常に目減りし続けています。

上記は総務省統計局「消費者物価指数」を参考に
2020年を指数の基準(100%)と考えて作成した図です。

1970年から1000万円を現金で持ち続けると
2020年には約300万円ほどの価値まで目減りしています。

直近で使うお金を貯蓄するのはとてもいい方法ですが、
長期で保有するのには向いていません。

世界的に長期的に経済は成長し続けている

日本は30年間ほぼ経済成長がなされていませんが、
世界的に見ると常に成長をしています。

参照元:THE WORLD BANK

こちらはTHE WORLD BANKのデータを基に作成されたグラフです。
1960年代から今まで常に成長し続けています。

経済が成長すれば当然、株価や物価は上がります。

ということは、

株価は半世紀以上も上がり続け、物価も半世紀以上上がり続けているわけです。

日本にいるとどうしても投資に対するファンダメンタルを身につけにくいですが、
世界を対象に投資をするとしっかりと経済成長の恩恵にあやかることができます。

結論資産運用は誰もがするべき

筆者が伝えたいのは客観的に考えれば誰でも資産形成はするべきで、
これを否定することはあまりにも無知すぎると思っています。

ただ、人はそんなに単純ではありません。
浪費癖がある方がいれば、
我慢して投資し続けることができない性格の方もいます。

そのため、投資が向かない人が一定数いるわけですが、、、
それでも資産形成はやるに越したことはありません。

今後、貯金と国の支援だけでは生活が成り立たなくなることは
ほぼ不可能と言ってもいいと思います。

親の遺産で数億円手元にあるならば話は別ですが。
今すぐのことではないので危機感が湧かない方も多いでしょう。

しかし必ず老後を迎えなければならないので
どこかのタイミングで必ず始めることになります。

その時に早く始めておけばよかったと後悔しないように、
今から資産形成を始めてみてはいかがでしょうか?

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP